働かぬ状況じゃありません

先日、姑のお姑さん、つまり夫の祖母が他界。喪主となった舅を始め、実家メンバーは大忙し!これほど手続きがあるとは、側にいながらビックリしちゃった。

でも、いつか必要な知識だから、一生懸命手伝いつつ、勉強させて頂きます。一方、義理兄の嫁は、かなりマイペース。

とゆうか、少しは働けば?じゃないと、後が怖いよ!と、こっちが心配になるほど、何もしなかったの。葬式当日は、お義母さん5時起き。

式開始時間が早かったから、それまでに皆の朝食や自身の着付けを終わらせなくちゃいけませんの。勿論、私も同じ時間に起床。で、せっせとオニギリ握る。

が、家族でも一番最後に、ボッサボサ頭で「おはよーございまーす」しまいには、普段フルタイムで働いてるから、こういう時はゆっくり寝てたーい!との事。

今って、きっと、そういう時じゃ無いよね?不穏な空気を感じつつ、勤めて気付かない振り。さわやかな奥様を演じる私を、周りは意外と好評価していた様子。

全てが無事に終了、義理姉が帰った後に始まった、怒涛の彼女への悪口合戦は、もう言うまでも無いでしょう・・・。

すげー恐怖体験、トラウマになりそうなほど、心身ともに疲れ切ったので、今日はもう休みます。良い夢、見れますように。