お残り保育希望する卒園間近

もうすぐ卒園。長女達にとっても、幼稚園で過ごす時間を、貴重に感じ始めているようです。幼児なのに、意外と状況を把握済み。

「皆一緒の小学校じゃないから、今のうちに遊んでおきたい」そんな理由で、お残り保育を希望しちゃう。

別名、「お残りさん」と呼ばれるシステムは、1回600円を払う事で、その日一日、夕方5時まで預かってもらえる便利なやつ。

普段は午後2時に帰宅だから、大事な予定がある日は結構バタバタ。そういう時、本当に極々たまーに利用してたんだけど、今回は、仲良しグループのお友達同士で、勝手に約束しちゃった様子。

まあ、うちは良いけど・・・と、友達のママからメール。「うちは別に良いんだけど、どうする?」といった内容。

急に決まった5時まで自由時間。嬉しい気持ちを隠しきれない、母親たちです。